腸内細菌が新生児の免疫力のカギ

人の腸内にはおびただしい数の腸内細菌が棲息しています。

 

その重さは成人の場合で1kg〜1.5kgにもなるとのこと。

 

そして、新生児の腸内にも多くの腸内細菌が存在しており、その腸内細菌の種類ごとの勢力のバランスが腸内環境を作っています。

 

多くの腸内細菌が体内にいるということは、人間の体に対して何らかの影響を与えているということが想像できますが、全くその通りで腸内環境は人の健康の鍵を握っています。

 

新生児の頃から理想的な腸内環境になるよう心がけてあげるなら、免疫力は高まり病気やアレルギーを発症しにくくなることは様々な研究によって明らかになっています。

 

免疫力とは、病気を発症させる病原菌やウイルスなど外部から侵入する敵から体を防御するシステムをいいます。

 

免疫力を高めるには、腸内細菌の種類や数を増やすことが良いといわれています。

 

特に善玉菌と言われる健康に有益な細菌が多く存在し、また種類も多様であるほど良い環境といえます。

 

元気な子供に育つためにも新生児のころから理想の腸内環境を作ってあげたいですね。

 

そのためには、清潔にしすぎないということも大切です。

 

抗菌・除菌グッズなどがますます増えていますが、これらを使いすぎるなら逆に菌に対する抵抗力が弱くなります。

 

有毒性の高い細菌は別として、小さい頃に様々な細菌に触れることで病原菌に負けない免疫力が段々と獲得されていくのですから、清潔にしすぎるなら逆にリスクになるといえます。

 

また腸内細菌を活性化させる食べ物や飲み物を日ごろから摂取するのも良いことです。

 

発酵食品やオリゴ糖などは、プレバイオティクス・プロバイオティクスといわれて、腸内環境を整えてくれる働きのあることが知られています。

 

毎日の生活の中でこれらを取り入れていくなら、腸内環境を良好に保つのに役立ちます。

 

新生児の便秘で最後の奥の手はこちらへ