新生児の便秘と病気

新生児の便秘は、病気が原因となって起きている場合があり、これについては先天的なものがありますから、早めに検査などを受けておく必要があります。

 

例えば、肥厚性幽門狭窄症(ひこうせいゆうもんきょうさくしょう)という病気があります。

 

特に初産の男子によく見られるものであり、生後2〜3週間ごろから症状があらわれます。便秘が続き、おっぱいを飲んだ後に噴水が噴出すように嘔吐をします。

 

これは胃の出口であたる幽門という部分の筋肉が厚くなり、内容物が十二指腸へ移りにくくなることから生じる症状です。

 

放置しておくと、栄養不良になることもありますから、成長面で大きな問題となります。

 

治療としては幽門に通り道をつくる手術が必要となります。便秘に嘔吐が伴う症状が見られたら早めに受診しましょう。

 

さらに新生児の便秘の原因となりうる病気として、ヒルシュスプリング病(先天性巨大結腸症)があります。

 

この病気でも便秘以外にやはり嘔吐が見られ、またお腹が張ったような状態が観察されます。

 

先天性の病気であり、腸の神経細胞に障害があるために便を送り出すぜんどう運動が十分行なわれていないために起きます。

 

生後1週間ほどで見つかることも多いですが、重症でない場合はずっと後になるまで気づかれないこともあります。

 

手術の必要な病気であり、気になるときは早めに受診して検査をしてもらうことが必要です。

 

新生児の便秘で最後の奥の手はこちらへ