新生児の便秘の原因が腸内環境にあることも

新生児の便秘は大人の場合とは違い、生活習慣によるものではありません。

 

中には病気を原因として起きる便秘もあり、また生まれた時点での体質も関係している場合があります。

 

特に注目したいのは、腸内環境に関することです。

 

毎日のスムーズな排便は、腸内に存在している腸内細菌のバランス、つまり腸内環境と深く関係しているようです。

 

これは新生児の場合にも当てはまり、マッサージなどを行なっても便秘がなかなか改善しないようなケースでは、腸内環境が整っていない可能性も考えてみるとよいでしょう。

 

ところで、新生児の腸内環境はどのようにしてつくられ、また便秘になりやすい子とそうでない子の違いというのは、どこから生まれるのでしょうか?

 

胎児

まずママの胎内にいるころの赤ちゃんは無菌状態で守られています。

 

つまり、腸内細菌などは存在していませんから、腸内環境についても他の子との違いは何ら無いはずです。

 

新生児が初めて最近に触れるのは、出産のときです。

 

出産時にはママの産道を通りますが、まずそのときに産道に棲息する細菌を口から取り込むことになるようです。

 

その後も、出産後にママの便に付着した細菌や医院スタッフの体など様々なものに付着している細菌と接触します。

 

それらが新生児の腸内へと入っていき、やがては定着して腸内環境を作っていくのです。

 

だいたい生後1日目で糞便内に、細菌が多く出現し始めるようです。その後、生後5日目過ぎると腸内細菌であるビフィズス菌が優勢の状態で腸内環境は安定していくようです。

 

ビフィズス菌の数が多くて優勢の状態はとてもいい状態であり、腸もよく働いて便秘になりにくい状態です。

 

また母乳に含まれるヒトオリゴ糖という成分には、ビフィズス菌を活発にする作用がありますから、そのような働きを十分に受けていれば新生児は便秘になりにくい状態になります。

 

しかし、様々な要因によって腸内環境が整いにくくなってしまい、便秘を繰り返すような赤ちゃんも少なくは無いようです。

 

たとえば、帝王切開による出産ですが、これは母親の産道を通らずに生まれてくるため、口から取り込まれる細菌の数が少なくてビフィズス菌が十分に働くまでに時間がかかることがあるようです。

 

また母親の腸内環境がもともと良い状態ではなく、それを赤ちゃんも引き継いでいるということもあるようです。

 

さらに母乳の質が低下してビフィズス菌が十分に活性化していないことやミルク栄養のために母乳栄養ほどの腸内細菌への効果が表れていないということもあります。

 

このような時は、赤ちゃんの向いているオリゴ糖製品がありますから、そのようなものをミルクなどに混ぜて与えてみるのも一つの方法です。赤ちゃんの便秘のためのオリゴ糖についてはこちら

 

新生児の便秘は、何よりも体に負担のない安全な解消法を見つける必要があります。

 

まずは薬など使わずに、自然に排便力を高めてあげることを目指しましょう。